結婚していても風俗で働く方法

まずは話し合うことが大切

理由を詳しく伝えてみよう

風俗で働いて良いか、パートナーに相談してください。
結婚していても風俗店で働くことはできますが、パートナーは嫌だと感じるかもしれません。
どうしても風俗店で働きたいなら、仕事内容や働く理由を伝えてください。
それほどハードな仕事でなかったり、買いたいものややりたいことがあって、そのためにお金が必要だと伝えればパートナーも納得してくれるかもしれません。
勝手に働くと、関係が悪くなる可能性があるので注意してください。

どうしてもわかってもらえない場合は、内緒で働くしかありません。
絶対に気づかれないよう、働いてください。
風俗店の選択が大切です。
できるだけ、自宅から離れている風俗店を選択しましょう。
近くの風俗店では、通勤している姿を親しい人に目撃される恐れがあります。
遠くの風俗店だったら、鉢合わせする心配はないでしょう。
少し移動が不便かもしれませんが、気づかれない位置の風俗店を選んでください。

風俗店で働く際の道具も、自宅に持ち込まないでください。
自宅に誰かを招いている人は特に注意が必要です。
道具が見つかったら、どんな言い訳もできません。
そのため、職場の道具や備品などは決して持ち帰らないことが鉄則です
風俗店では業務に必要となる道具一式を管理してくれます。
服を預かってもらえば、自宅からお店に行く時も私服で良いのでパートナーに気づかれにくいです。
派手なメイクをすると思いますが、それは職場についてからが良いでしょう。
普通の恰好で、自宅を出てください。

TOPへ戻る