まずは話し合うことが大切

相談してから決めよう

仕事内容を話そう

風俗というと、ハードな仕事を想像している人が見られます。
パートナーに、そんな仕事をしてほしくないと考えている人が多いです。
ですから風俗店で働きたいとだけ説明すれば、すぐに反対されます。
許可を得るためには、仕事内容を伝えてください。
お客さんと会話をしたり、お酒を飲んだりすることが仕事だと正直に伝えれば、パートナーも納得してくれます。

変に隠すと、人に言えない仕事なのではないかと怪しまれます。
結婚しても風俗店で働きたいなら、パートナーとしっかり話し合ってください。
正直に話して、仕事内容を相手に理解してもらうことが大切です。
仕事がハードな風俗店は、説明してもパートナーが許可してくれない可能性が高いので避けましょう。

なぜ風俗店で働きたいのか

風俗店で働きたい理由を、パートナーに説明するのも良い方法です。
買いたいものや、やりたいことがあるから時給が高い風俗店で働きたいと伝えれば、納得してくれるかもしれません。
高額なお金が必要な場合は、時給が安い仕事では時間が掛かってしまいます。
他の仕事では、必要なお金を集めることができない可能性があります。
しかし風俗店は、一般的なお店に比べて時給が高く設定されているところがほとんどです。

そこなら、短時間でまとまった金額を用意できるでしょう。
仕事内容だけでなく、働きたい理由を説明することで自分の熱意をわかってくれます。
結婚している相手とは、情報をしっかり共有してください。
話し合いをすることで、共有できます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る