まずは話し合うことが大切

風俗で働く際に使う道具

名刺が必要になる仕事

風俗店では、お客さんに自分の顔と名前を覚えてもらうことが重要です。
気に入ってくれれば、次回から指名してくれるかもしれません。
胃お客さんとコミュニケーションを取る時に、欠かせないものが名刺です。
風俗店で働く際は、必ず名刺を作ってください。
ですがそれを、パートナーもいる自宅で管理するのはおすすめできません。

名刺にはお店の名前や、風俗店で使っている源氏名も記載されていると思います。
パートナーに見られると、風俗店で働いていることが知られるので関係性が悪くなってしまうでしょう。
風俗店の多くは名刺を預かってくれるので、おいてきた方が良いです。
風俗店で働いている証拠を、パートナーに見られないように心がけましょう。

私服で通勤するのが安全

普段よりも派手な恰好をして、風俗店で働く人が多いでしょう。
自宅からお店まで、働く際の恰好で行くとパートナーに気づかれてしまいます。
クローゼットに派手なドレスがあれば、パートナーは怪しむでしょう。
出勤する時は、普段と変わらない恰好をするのがおすすめです。
お店に着いてから着替えてください。

またメイクや髪形も、お店で行った方が良いでしょう。
普段はナチュラルなメイクをしているのに、派手なメイクをして自宅を出るとパートナーに見られた時に、不審に思われます。
お店に行ってから準備をするので、少し早めに自宅を出るように意識してください。
するとゆっくり身支度を整えられます。
時間がないと、慌てて準備をしなければいけません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る